家を0からつくる喜びがあります

地方都市で、再開発された住宅地に住んでいます。
以前は高齢化も進んでいる地域だったようですが、現在は比較的若い方々が移住してきているため、核家族向けの建売物件も数多く建てられています。

建売物件は注文住宅に比べると価格が低いことが多いので魅力です。
一般的な家族向けに作られていることが多いので、間取りなどで大きな問題点もあまりないのではないかと思いますが、やはり自分たちのために作られた訳ではないので、細かな所で不満な点も出るでしょう。
また、自分たちの理想にぴったりな家を探すとなると、なかなか見つかりづらく、どこかを我慢して妥協した家を買うことになりかねません。

我が家が注文住宅にしたのは、一番は主人が自分達で0からつくりたいと言う希望があったためですが、私自身も一戸建てにせっかく住むのなら、注文住宅の方が良いと言う気持ちが強いです。

他の人にはわからない微妙なこだわりや、「ここには贅沢をしたいけれど、ここはグレードを落とそう」など自分たちなりに工夫できるのは注文住宅ならではだと思います。