注文住宅に決めた理由

家を建てようと思った時にまず考えるのが注文住宅にするか建売住宅にするかというのがあります。
それで特に家に大きなこだわりがない人は安い建売住宅を建てる事に決めると思います。

ですが、私はせっかく大金を出して家を建てる以上は自分のこだわりを持って家を建てたいと思っていました。
ですから、私はいくら安いと言っても最初から建売住宅を建てるという選択肢はありませんでした。

やはり家は自分が細部までこだわった家に住みたいという気持ちがあったので私は迷わずに注文住宅を建てる事にしました。
冬が長く寒い地域なので、断熱材は標準よりも厚く入れてもらい、薪ストーブを付けました。

ただ、それによって建売住宅を建てるよりも高い費用が必要になったのは言うまでもないです。
ですが、それだけのお金を出しても注文住宅にして良かったと思っています。

実際に注文住宅にしたおかげで私が本当に住みたいと思える暖かく暮らしやすい家に住めたので本当に良かったと思っています。
そのおかげで家に対する愛着はかなりあるので、やはり注文住宅という選択に間違いはなかったです。